top of page
検索
  • 編集部

「SBT(Science Based Targets)」認定を取得




 株式会社カイテック(以下、「当社」)が設定した温室効果ガスの削減目標が、国際的なイニシアチブである「Science Based Targets(SBT)イニシアチブ」により科学的根拠に基づいた目標として認定されました。



【認定された温室効果ガス削減目標】

 当社は、解体工事業を主体にアスベスト除去工事、土木工事・産業廃棄物収集運搬・処分業、材料再生事業の活動を行っています。

 この度、SBTイニシアティブの温室効果ガス削減目標の認定を取得しました。今後も事業活動における温室効果ガスの把握と削減に取り組むことで、「カーボンニュートラル」「脱炭素」「気候変動対策」に貢献し持続可能な社会の構築に努めていきます。



SBTの認定と温室効果ガスの削減を通じて、SDGs(※5)の以下の目標に貢献します








※1 産業革命前から地球の気温上昇を2℃未満に抑えるため企業に科学的根拠に基づいた温室効果ガスの排出削減目標を設定し、排出量削減を推進することを目的にCDP、国連グローバル・コンパクト、WRI(世界資源研究所)、WWF(世界自然保護基金)の4団体が2015年に共同で設立。

※2 直接的温室効果ガスの排出(当社では、営業車両の燃料が主な対象排出源)。

※3 電力、熱、蒸気の導入時の排出(スコープ1およびスコープ2を除く、製品の製造・販売・消費とあらゆるバリューチェーンにおける温室効果ガスの排出)。

※4 その他の間接排出(スコープ1およびスコープ2を除く、製品の製造・販売・消費とあらゆるバリューチェーンにおける温室効果ガスの排出)。

※5 Sastainable Development Goals:持続可能な開発目標は、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2030年までに持続可能でよりよい世界を目指すための国際目標。17のゴール・169のターゲットで構成されている。

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page